<< 'Round About Midnight | main | Live in New York >>

Never Too Much

0


    Luther Vandross


    ちょっと前、お客様に
    「ルーサー・ヴァンドロスかけて」
    と言われこのアルバムをかけました。


    プレイ中に
    「おまえ、ルーサーみたいだよね」と
    そのお客様に言われて
    「・・・?」
    脳みそがフル回転して
    固まってしまいました。

    顔が似ているとは思えないし
    歌がうまい訳でもないし
    色気なんてないし


    ほんの数秒だったとおもいますが
    一生懸命考え
    おもしろいことすら切り返せずにいると


    「痩せたり、太ったり」

    とご指摘を受けました。




    House Is Not a Homeは
    気持ちが伝わってきて
    ほれぼれする名曲だと思います。

    もちろん
    アップテンポ
    ミディアムテンポも有って
    うまくバランスとれた
    いいアルバムです。


    彼ぐらいセクシーに歌えて
    マーカス・ミラーのベースの様に
    ブリブリ弾けたら
    違う人生なんだろうと思いました。


    似ているのは
    「痩せたり、太ったり」

    誰でも出来そうです。



    追伸

    本当に音痴ですので
    カラオケは誘わないでください。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM