<< Dave Valentin | main | Street Life >>

Still Life (Talking)

0



    下北Juncで登場回数No.1の
    アルバムです。

    下北Juncには
    予備も合わせると
    3枚有ります。

    もちろん
    三茶Juncにも有りますし、
    CDも2枚持っています。


    無人島に持って行く10枚のアルバム
    第一候補です。


    2000年当時は
    JAZZYな
    Pat Methenyは何枚か
    持っていましたが
    今から考えると
    恥ずかしく、子供っぽい
    高校時代からの
    くだらない理由で
    Pat Metheny Groupは
    拒否して
    聞きませんでした。


    恥ずかしく、子供っぽい
    くだらない理由が
    オイラの耳にバリアーを張って
    Still Life (Talking) を
    まともに聞いてないくせに
    ちゃらいフュージョンと
    思わせていました。

    2000年以前は
    ケニーGと同レベルでした。

    藤沢に引っ越してしまった方に
    1週間借りて聴いたら
    目から鱗が落ちました。

    何回聴いても飽きません。

    新しい音の発見が
    毎回有ります。

    特に時間を空けると
    顕著です。

    さすがに音の発見は
    そろそろ無くなってきましたが。



    バップやモードを
    聴き始めた高校時代、
    同級生に聞かされた
    American Garageも
    Pat Metheny Groupを
    ちゃらいフュージョンと
    思ってしまった原因です。


    恥ずかしく、子供っぽい
    くだらない理由は
    内緒です。


    1. Minuano (Six Eight)
    2. So May It Secretly Begin
    3. Last Train Home
    4. (It's Just) Talk
    5. Third Wind
    6. Distance
    7. In Her Family

    Original Release Date: 1987
    (Geffen)
    remastered Release Date: 2006
    (Nonesuch)



    1曲目の
    Minuano (Six Eight)を
    聴いたことのない方は
    USA. Amazonで
    視聴せずダウンロードしてください。

    100円くらいですから。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM