Live in New York

0


    Stuff 

    20代前半、
    ロディーをしていたときに
    お師匠にこのアルバムの
    B1をコピーしろと
    言われました。

    Richard Tee という
    名キーボーディストの演奏で
    力強く、ファンキー、
    そしてドライヴしています。

    左手のオクターブ奏法コピーをするのに
    毎日1時間くらい費やしていました。

    マリオブラザースの
    音階と一緒なので
    (ド.ド.ラ.ラ.ラ#.ラ#.シ.シ)
    飽きてしまうために
    いろいろ工夫しました。

    結局、完璧では無いにしろ
    ある程度のところで
    止めてしまいましたが
    いろいろ得るものは有りました。

    その後、彼のいろいろな演奏を
    コピーしては飽き
    コピーしては止め
    不完全に20曲位は続けました。


    でもStuffの曲は、この
    Love The Stuff/Ain't No Mountain Enough
    だけでした。

    なぜってRichard Teeが
    Stuffの時よりイイ曲を
    演奏しているからです。


    Peter Gabriel
    Grover Washington, Jr.
    Chaka Khan
    George Benson
    などなど。

    JUST TWO OF USなんて
    彼の演奏している曲で
    リクエストナンバーワン
    間違い無しです。

    彼のほわほわしたローズが奏でる
    イントロの音色を出したくて
    「スモールストーン」と云う
    エフェクターも買いました。

    が、引っ越しで狭くなるのと
    お金が無くて
    ローズごと売ってしまいました。

    そのうち
    買い戻そうと思ってても
    買い戻していないのが
    悲しい現実です。

    A1.Sometimes Bubba Gets Down
    A2. You Make It Easy
    A3.You're A Greeat Girl
    A4.Shuffle
    B1. Love The Stuff/Ain't No Mountain Enough
    B2. Duck Soup
    B3.Love Of Mine
    B4.The Real McCoy

    1979,Mikkele's N.Y.C


    ツインドラム
    デュプリー
    エリック・ゲイル
    みんないい味を出しています。

    B1が一番の名演は
    間違いないです。



    Black Market

    0


      Weater Report

      お客様のSさんから
      `Round About Midnightと
      Black Marketの
      Blu-spec CDを貸して頂きました。

      Blu-spec CDを知らない方もいらっしゃると思いますので
      以下引用

      現在お手持ちのCDプレーヤーで、
      小さなボリュームでも大音量でもその違いを実感できます。

      コンサート会場のVIPシートで聴いているような、
      最高のバランスと臨場感を楽しめます。

      『Blu-spec CD™』は通常のCDと同じ構造ですので、
      従来のCDプレーヤーでお楽しみ頂けます。

      だそうです。

      三軒茶屋でかけましたところ
      カウンターにいた方
      全員びっくりしました。

      ほへ〜。
      アナログでかけても
      聞こえなかった音が
      聞こえてきます。

      音がクリアーで
      音の分離が良すぎて
      音の位置が決まりすぎて
      シンバルなどの高音が痛くて
      全体の音が交わらない
      そんな感想です。

      すぐにBkack Marketの
      アナログをかけましたところ
      何人かの方は
      アナログの方がやさしくて
      音が交わっている
      という感想でした。


      下北沢で聴いてみようと思い
      自宅に持って帰りました。

      ふと気がついて
      itunesに落としてみました。

      プレイしたら
      隣にいた嫁が
      「これ何バージョン?」と
      訊いてきました。

      Macのショボい
      スピーカーでも明らかに違います。

      別物に聞こえますが
      そこまで嫌な感じがしません。

      じゃあ、ヘッドホンは?と思い
      カナルタイプを耳に入れると
      鼓膜に針を刺すような
      シンバルにすぐに外してしまいました。

      今のところ
      ショボいスピーカー用には
      打って付けです。

      mix違いが出ると
      また聞き比べができそうで
      楽しみです。


      近日中に下北沢で
      アナログ VS Blu-spec CD
      対決をしてみます。

      calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM